読んじゃダメ

ホームズ太一郎に共感していただける人が多くて嬉しいです!
太一郎もホームズも最高です。

ただホームズとの出会いは私の場合はかなり屈折した出会いでした。

親戚の家に遊びに行った際
本を一冊買ってあげる、といわれ最初に選んだのは
『少年探偵団』でした。
乱歩大先生です。

でも伯母に「江戸川乱歩なんて読んじゃダメ。気持ち悪いよ、別のにしよ」
とヤンワリ否定され、手にしたのが
ホームズです。

伯母の意見はあの時期にはある意味正しく、また間違ってもいました。
読んではいけない書物。
みちゃダメな気持ち悪さ。
「ダメ」と言われればしてみたくなるのが人の心情です。

そこから私の江戸川乱歩(先生)への密かな想いが始まりました。

ですがまあホームズがあまりに面白かったのでそのまま正常な方向で、
ミステリーを好きにはなりました(笑)

posted by にく日記 at 15:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック